読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アミコムコション

福岡に関連することをUPしていきます。

ポスティング会社・新聞折り込みを依頼するときの注意点

運営関連

ポスティング・新聞折り込みの注意点について書いておきます。

ここまで正確にかけるのは、アミコムコションの運営者が10年程前に幾つかのポスティング会社・新聞配達員として働いた経験があるからです。

 

ポスティング

管理がしっかりしているところを選ばなければ捨てられます。1枚1円でお願いできるところもあるみたいですが、怪しさ満点です。

1枚1円のポスティング会社を利用すると他の依頼されたチラシ3・4枚と並配されます。仮に4枚まとめて配布するとしても、1つのポストに入れるのに運営会社は4円しかもらえません。(1枚3円でも並配されます。単配の場合5円以上はかかるはずです)

4円しかもらえない場合、配布員への給料は1枚目0.5円+2枚目以降0.2円×3枚=1.1円程度になります。1,000枚配っても1,100円くらいしかもらえません。

4枚並配で1,000ポストに入れるのには3時間はかかります(ファミリーマンションがたくさんある地域は2時間弱くらい)。時給換算で400円以下です。労力の割りにもらえるお金が少ないです。

自分が配布員になったことをイメージすると何をするかはすぐにわかると思います。かなりの善人でない限り、やってしまうはずです。

少なくともマンションローラー配布で1枚3円くらいのところに依頼すべきです。そうすれば配布員の給料も時給計算800円程度にはなるので、400円よりはやられてしまうリスクは減るはずです。

料金が高くても、ばれなければ問題ないと思ってやってしまう人もいると思いますが、1枚1円は絶対にやめた方がいいです。

参考:福岡で利用できるポスティング業者

ちなみに、アミコムコションの無料掲載枠を裏面に利用させてもらうことを条件に、1枚2.5円×配布枚数でA4のチラシを印刷込で配布を行っています(南区のマンションローラー配布限定(一軒家は要相談))。

新聞折り込み 

新聞折り込みの代行会社が出している部数を信じてチラシを折り込むとお金がもったいないです。

多くの方はご存知だと思いますが、あの数字は嘘の数字です。

たとえば、4000部配布できるといっている新聞の営業所があるとします。その数字は各営業所に割り当てられている部数であり、実際に配布している部数ではありません。

4000部配布できると書いてある営業所が実際に配っているのは2500部程度だと思います。3~4割は廃棄処分されているのです。朝早く新聞の営業所に行くと、配布しなかった新聞を回収するトラックが来るのを見ることができます。その数の多さは驚くほどです。

10年前は1~2割の廃棄処分だったのですが、購読者が減っているにもかかわらず、大本(おおもと)が営業所に割り当てる部数を減らさないので廃棄処分の割合が増えているのです。

4,000部という表記に素直に4,000部のチラシを渡したら多くのチラシを捨てることになることを知っておきましょう。

依頼をするときは提示されている部数の3割は減らして注文をすることを勧めます。

もしくは、新聞の営業所に直接電話をして、「実配(じっぱい)部数を教えてください」と尋ねてください。

各営業所が悪いわけではありません。営業所に無理やり新聞を送り付けている大本がせこいのです。

※ もし、ここに書いた内容が間違いで問題があるなら削除します。