福岡市南区地域情報

福岡に関連することをUPしていきます。

相続手続きの簡素化でそれを専門にしている行政書士・司法書士・弁護士は大打撃?

西日本新聞の社説にも書かれていましたが、相続の手続きが簡素化されたら行政書士をはじめ弁護士・司法書士の業務に大きな影響がでてきます。

これは士業の仕事が少しずつ減り、十数年後には士業が不要な社会になるといわれている第一歩かもしれません。

以下、2016年9月5日西日本新聞社説より

 

相続の手続き

簡素化をさらに進めたい

導入されれば、煩雑だった手続きがスムーズになり、相続人の負担も大幅に軽減される。社会音大化している空き家の減少につながる可能性もある。期待したい。

法務省が相続手続きの簡素化のために打ち出した「法定相続情報証明制度」(仮称)のことだ。来年5月からの運用開始を目指す。

具体的にどう変わるのか。現状では、相続人が不動産投機の変更や銀行口座の解約などを行うには、被相続人の戸籍謄本など数多くの書類を取り寄せなければならない。その後、不動産を管轄する法務局や金融機関などにそれぞれ提出する必要がある。

一般市民が手続きをするには相当の労力と時間を要するのが減容で、相続不動産の未登記や空き家問題などの要因にもなっている。

新制度では、相続関連の書類一式を一度集めて法務局に提出すると、法定相続人であることを証明する文書が法務局から交付される。証明文書には、法定相続人の住所や氏名、相続分などが記載され、登記申請を行う際には別の法務局でも活用できる。

遺産の預金を払い戻す場合もすべての金融機関で使用が可能で、金融機関にとっても事務手続きが簡略化されるメリットがある。

相続手続きの簡素化は、相続人の負担軽減を図ると同時に、相続冬期を促して所有者が不明なままの不動産を減らすのが目的だ。

東日本大震災の被災地で住宅の高台移転を進める際には、登記されずに所有者が特定できな事例もあった。区画整理や道路拡張などでも土地所有者が分からず事業の遅滞を招くことも少なくない。

今回の新制度導入で負担が軽減されうることは間違いないが、最も手間のかかる戸籍の取得などは残っている。例えば亡くなった親や配偶者が生前に戸籍を何度か映している場合、相続人は関係するすべての役所から戸籍を取り寄せなければならない。

誰もが簡単に相続の手続きができるようにするには、どんな手段や方法があるのか。制度のさらなる改善へ知恵を絞っていきたい。