読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アミコムコション

福岡に関連することをUPしていきます。

南区柏原油山裾野に花畑園芸公園(フルーツ公園)|収穫物販売・園芸講座|もなかの皮の直売所

公園の展望台1階にある「花畑マルシェ」では、園内で収穫した果物を販売しているみたいです。

新鮮でリーズナブルが売りになっている模様。春には梅・サクランボ、夏には桃・ブドウ、秋にはリンゴ・ミカンなど、年間を通してフルーツを楽しめる。

桃だけでも収穫時期が違う5品種を栽培し、比によって店に出される品種も変わるのでホームページで告知をしているとのこと。

そのほか、アーモンドや「幻の果物」といわれる北欧原産のポポーなどを栽培する「珍果樹園」もあるとのこと。

「ポポ」って聞いたのはドラゴンボールに出てくる「ミスター・ポポ」以来です。

定期的に園芸講座も開かれている模様。果樹や野菜、花の栽培方法を教えるコーナーも設けてある。

公園の敷地面積は、福岡ドームの約2倍。年間約20万人が来援する。

hanahataengei.com

園芸公園とは異なりますが、もなかの皮の直売所「もなかの種」が柏原4丁目にあるみたいです。このお店はもなかの「皮」を製造する製菓会社「種金」が2015年5月によって作られたとのことです。

イメージが沸きませんが、どうやら本当に「もなかの皮」を売っているみたいです。なんと、皮の型はこれまでに200種近くも作っているのだそうです。

直売所にはカフェが併設されているようで、「最中ソフト」(税込み200円)、「キャラメル最中」(150円)、「皮とあんの詰め合わせ」(1500円)が人気とのことです。

皮は14枚入りで200円だそうです。クラッカーのように、ディップにつけて食べたりするみたいですが・・・・、個人的にはやらないと思います。

地域にはいろいろなお店があっていいですね。