読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アミコムコション

福岡に関連することをUPしていきます。

北九州空港10年。国の搭乗利用予測の36.5%という現実

 

http://www.flickr.com/photos/12119805@N08/8741772141

photo by keyaki

今日も福岡に関連する社説が西日本に載っていたので空港について少し考えてみました。

ーーー西日本新聞社説ーーー

混雑の「福岡」と連携図れ

九州唯一の24時間空港、北九州空港(北九州市)が、きょうで開港10年の節目を迎えた。

同空港は、北九州市小倉南区曽根にあった旧空港の代替として周防灘沖を埋め立てて建設され、2006年3月から運用を開始した。海上空港のため騒音問題もなく、航空機が昼夜を問わず発着できるのが特徴だ。

登場者数は10年間で累計1200万人を超えたが、年間旅客数は120万~130万人前後で推移している。国が02年に公表した需要予測では12年度に年間328万人を見込んでおり、実績と大きく乖離しているのが実態である。

空港へのアクセスの不便さなどが利用者伸び悩みの要因だろう。空港に鉄道や高速道路を乗り入れる構想もあるが実現していない。

国は国内8路線の就航を見込んでいたが、羽田、名古屋(小牧)、那覇の3路線でスタートした。10年5月に那覇線はなくなった。

国際定期路線もあったが今は運航しておらず、路線網の少なさが課題になっている。登場者数を増やすにはどうすべきなのか。

最も有効な手段は過密化が進む福岡空港(福岡市)との連携を進めることだ。同空港は27日から1時間当たりの発着回数が制限されて新路線の就航も難しくなる「混雑空港」に指定される。指定後は希望時間帯に飛べない航空会社が路線を県外に移す恐れもある。

このため、福岡県と北九州市は格安航空会社(LCC)などの北九州空港誘致に連携して取り組む。地方空港間でのLCC誘致合戦は激化しており、県内の空港で路線を死守する狙いもあるという。1路線の就航にとどまる貨物便についても拡充を図りたい。

国が19年度をめどに検討している福岡空港の民営化では、地元経済界が運営権者に北九州空港への路線誘導などを求め、福岡県も福岡、北九州空港の役割分担と相互補完を目指している。

大分空港や佐賀空港など九州の地方空港も含め、戦略的な路線誘致で域内の航空ネットワークを充実させることも重要である。

ーーー西日本新聞社説ーーー

北九州空港が開港してから10年もたっているとは気付きませんでした。黒い機体のスターフライヤーに驚いたのがもう10年も前だったんですね。

www.starflyer.jp

今後、北九州空港が利用者を増やすには何をすればいいのですかね。記憶があいまいなのですが、数年前韓国へ行こうとして料金を見たら、北九州空港から釜山までの往復で4000円くらいというのがあったと思います。

予約で埋まっていたので利用はできなかったのですが、後で調べたら北九州空港を利用しないでよかったと思った記憶があります。福岡市内に住んでいたら北九州空港が不便で仕方がないからです。

北九州空港に行くまでに3000円はかかるし時間もかかります。飛行機代がやすかったとしても、普通に福岡空港を利用する方が安くなるし時間もかからないんですよね。

ということは、北九州空港を利用するのは北九州空港の周辺住民や北九州に仕事でくる人に限られてきます。なので、仮に路線を拡大したとしても、国が当初予測していた年間搭乗者数の328万人は達成不可能だと思います。

であれば、観光客を誘致することが搭乗者数を増やす有益な方法だと思います。日本国内だけでなく海外からの観光客の誘致も考えなくてはならないでしょう。魅力のある地方都市として、北九州全体で北九州の良さをアピールする・・しているのでしょうけれど、必要性が高いと思います。

北九州市が観光ルートをめぐる格安バスツアーなどを業務委託をして行ったり、ユーチューブで北九州PR動画をお金をかけて作ったりすれば変化が起こるかもしれないですね。

 

国の試算する数字は当てにならない

記事の中にあったのですが、国が予想した搭乗者数が12年度の年間利用者数は328万人だったそうです。現実には120万人程度しか利用していないみたいです。予想と200万人者開きがあります。実に予想の36.5%しか利用者がいなかったことになります。

国の予想は期待的予測でしかなく、往々にして予想を大きく外すことが多いですよね。こういう話を耳にすると、国や地方は何してんだろうかと思ってしまいます。単なる予測なのかもしれませんが、こういう適当なことがいろいろな政策でも行われているのではと疑ってしまいます。国や地方にすべてを任せるのは本当に危険だと思います。

私たちは自分たちが置かれている状況を国や地方のせいにしがちですが、国や地方を初めからあてにせず、「自分たちでできることは自分たちでやる」という考えを前提に生活を送るべきだと思います。

今後は今以上に厳しい社会になることが予想されているのですからなおさらです。

北九州空港の開港10年とまったく関係のない話になってしまいました。すみませんでした。